プロフィール of New Site 2

La Mer   ラ・メール
アロマテラピーマッサージ
バランスセラピー

kauai 011.jpg

鍼灸あん摩マッサージ師

kauai 006.jpg私が鍼灸の専門学校に入学したのは30代も後半、三女が2歳の時でした。
三女を妊娠する少し前に 鼠蹊部にあった脂様膿腫(脂肪の塊) 摘出手術をしました。その腫瘍が なんであるかは手術で切開するまでまったくわからず、放射線を使うものなど、あらゆる検査をしました。
その後にすぐ妊娠し、胎児が検査物質による影響を受けていないか とても心配でした。
そして『もし、この子が障害をもったなら、この子のサポートをして生きていく。 
もし、健康に生まれたなら、 障害を持って生まれた子どもやその親のサポートをしたい。』と思い始めました。
お陰さまで三女は健康に生まれ(なんと4000gで)、鍼灸学校の入学の勉強を始め、三女が2歳4か月の時に鍼灸学校に入学しました。


アロマテラピスト

Mt.shasta 065.jpg鍼灸学校に在籍中、学校で習うマッサージとは全く違うアロマテラピーマッサージに出会うことができました。
西洋医学的に身体を部分に分ける学校のマッサージとは違い、
アロママッサージは人を全体として捉え心や精神、スピリットにも働きかけるものです。
数年間、RAJA 日本リフレクソロジー協会などでアロマの講師を務めさせていただいたことは、よりアロマテラピーに対する知識を深めました。
現在は 89歳の男性にアロママッサージをさせていただいていますが
「油でマッサージしてもらうと、いい匂いだし、すごく気持ちいい」とおっしゃっていただいています。








スポーツアロマ・コンディショニングスクール
東洋医学講師

Mt.shasta 021.jpgこのスクールは 古くからの友人である軽部修子さんが主宰するスポーツアロマの学校です。
パワフルな軽部さんは、日本でスポーツにアロマテラピーを導入する先駆者となっています。







横浜障害児訓練会
ボランティア

Mt.shasta 069.jpg横浜市障害児地域訓練会グループスヌーピー で子どもたちへのアロママッサージを月に1回やらせていただいています。
障害児へのボランティアをすることは、私が鍼灸師になるきっかけでした。2005年からご縁をいただき 月に1回 マッサージさせていただいています。
ところが … ボランティアをさせているのは 私の方だ! といつも感じます。
子どもたちの瞳は限りなく透明で心が洗われるし、なにより子どもたちのお母さまたちがすごい!日々のハードスケジュールにも関わらず、元気で、陽気で、腹の据わった素晴らしいお母さまたちです。
子どもたちに接する姿勢も 自らを振り返り 反省することが多いです。時々、時間があるときに お母さまたちへマッサージさせていただきますが、いつでもどんな時でも子供たちの状況に対応できるように、交感神経が緊張気味のお母さまたちです。 本当にマッサージが必要なのは、お母さまたちかも...と思います。



スクール オブ ヒーリング & サイエンス
ヒーリングトレーニング科にて学ぶ



Mt.shasta 013.jpg私がヒーリングに魅せられたのは バーバラ・ブレナンの『光の手』を読んでからです。
人間に対して よりホリスティックに、そして理論的に書かれた 『光の手』を読んで『これこそ、私がやりたい事だ!』と思ったのです。
ライフスクールは かつて バーバラ・ブレナン・スクール・オブ・ヒーリングの教師をしていた 王由衣さんが主宰するスクールです。
私は2004年にオープンクラスに入学し、2005年から2011年までヒーリングトレーニング科に在籍しました。
ヒーリングの基本となるものは、『キレーション』という関節、チャクラに手を置き、エネルギーを補充、浄化するものです。
これは王由衣さんが師事している ロザリン・ブリエール博士が世に広めたものです。
ライフスクールでは、ヒーラーとしての姿勢、倫理、健康、技術を学ぶだけではなく、人としてどうあるべきか、どう生きるべきか …を学ばせていただきました
。ヒーリングトレーニング科への在席の条件に 『年24時間以上(現18時間)心理療法を受けること』というものがあります。 
日本では、健康な人が心理療法を受けることはあまりありませんが、このように規定されていることで、私も4年以上 毎月心理療法に通っていました。 それが私の心理的、人間的な成長に欠かせないものになっています。




スクール オブ ヒーリング&サイエンス
関係性エネルギーヒーリング ディプロマコース修了

Mt.shasta 005.jpgライフスクール 関係性エネルギーヒーリング ディプロマコース修了このコースは バーバラ・ブレナン・スクール・オブ・ヒーリングの教師を長年務めたDean Ramsden/ディーン・ラムスデン師 (ドラゴン・パール関係性療法教育プログラム主宰)によるコースで、ラムスデン師が独自に作りあげた エネルギー心理学と人間関係ヒーリングの視点に基づくヒーリングです。









バイオインテグラルサイコセラピースクール
国際トレーナー養成コース卒業

Mt.shasta 070.jpgライフスクールのヒーリングトレーニング科に在籍するために 年24時間の心理療法を受けることが条件となっていました。
私は バイオシンセシスという ボディサイコセラピー(心身統合療法)を受けています。
自分で体験したボディサイコセラピーを是非学びたく、2007年から国際トレーナー養成コースに学び、2010年、4年間のトレーニングを終えました。
ボディサイコセラピーの素晴らしいところは、マインドのみでの心理療法ではなく、身体、ハート、ハラ、そして その人全体からのメッセージを受け取ることができるということです。 
どんなに社会的に高い地位ついていても ついていなくても、知能が高くても 高くなくても、有名でも無名でも、外側の肩書なしで、一人の裸の人として どうあるか、どう生きるかを その人の存在全体から探っていくことができます。